良いカトラリーの3ヶ条

はじめに3つとも言います!

  1. 金気のなさ
  2. 表面の滑らかさ
  3. 熱伝導率の高さ

料理をいかに「そのままの状態」で味わえるかが全てです。


1 金気のなさ

料理の味をそのまま伝える為には、まずはサビが無いこと(サビは鉄の味がします)、そして、なるべく金気のしない材質が望ましいと言えます。

金属による金気の違いについて
銀または洋白銀器 銀は金気がないので、料理そのものの味を楽しめます。
ステンレス ステンレスは鉄とクロム・ニッケルの合金であり、鉄は金気を感じますが、クロムとニッケルの配合率によって金気が少なくなります。
例えば、裏面に「18-10」という数字がある場合、鉄に18%のクロムと、10%のニッケルを混ぜたステンレスということを意味しています。
高品質なものは「18-8」から「18-18」というもの(更に上も)があり、数字が大きいほど金気はなくなります。ただし、配合率を上げるとその分、値段が高くなるのはもちろん、冷たい色味になってしまうことがあります。

2 表面の滑らかさ

料理の食感をそのまま伝えるには料理をサッとすくって、口にスルッと運べるカトラリーが望ましいと言えます。
表面がザラザラしているカトラリーでは料理を傷つけてしまい、食べたときも舌でひっかかりを感じるでしょう。
これはわずかな差ですが、人間の舌は敏感なのでその違いを感じとります(特に舌に触れる面積の大きいスプーンでは違いが顕著に出ます)
表面の滑らかさは材質と生産の工程数によって変わり、銀または洋白銀器はステンレスに比べ滑らかに仕上げることができます。


安価なスプーンと洋白銀器スプーンの滑らかさの測定結果。

実験データ:小林工業
※ラッキーウッドは小林工業のカトラリーブランドの名称です。


3 熱伝導率の高さ

熱伝導率とは、熱が伝わる早さと量です。
熱伝導率が高いと料理の温度とカトラリーの温度が同じになりやすく、温かいものを温かいまま、冷たいものは冷たいまま食べることができます。
熱伝導率は材質によって違いが出ます。


銀とステンレスの熱伝率表
(単位: W・m-1・K-1
銀または洋白銀器 420
ステンレス 15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加